Blog&column
ブログ・コラム

免疫力低下の原因とは

query_builder 2023/09/03
コラム
54
人間の免疫力は、年齢とともに低下します。
しかし、加齢による低下以外にもさまざまな原因があるんです。
そこで今回は、免疫力が低下する原因についてお話しします。

▼免疫力
免疫力とは、病原菌やウイルスなどから体を守ってくれる自己防衛機能です。
つまり病気から体を守り、健康を維持するための大事な力と言えます。

▼免疫力低下の原因
■加齢
人は年齢を重ねると、免疫細胞を作る分化機能が低下し数が減少します。
また加齢によって免疫細胞自体の機能が衰えるため、感染症などにかかるリスクが高まってしまうのです。

■ストレス
自律神経の乱れは、免疫力低下に繋がります。
ストレスにより自律神経の交感神経・副交感神経のバランスが崩れ、乱れることにより免疫細胞の働きに影響が出ます。

■体温
免疫力は、体温が高ければ高いほど活性化される性質です。
つまり、体温が低ければ免疫力の低下に繋がります。

■疲労
体が疲れている状態では、循環機能が弱まります。
そのため免疫細胞が活性化しづらく、有害物質の侵入を防ぐ機能が低下するのです。

■生活習慣
偏った食生活や運動不足など体にとっての悪い習慣は、当然免疫力低下に繋がります。
また飲酒は、肝機能の低下に繋がり免疫力の低下の原因です。
喫煙も同様に、タバコに含まれる有害物質が免疫機能を低下させます。

▼まとめ
免疫力の低下は加齢以外に、体にとって良くないと言われていることが原因です。
なるべくストレスを減らし、健康的な生活を送ることこそが免疫力にとって重要と言えますよ。
免疫力を活性化させて、健康な毎日を過ごしましょう。

NEW

  • これからブログを配信していきます

    query_builder 2022/01/21
  • 免疫力低下によってみられる症状とは

    query_builder 2023/10/01
  • 免疫力低下の原因とは

    query_builder 2023/09/03
  • 年齢における免疫力の変化と予防法

    query_builder 2023/08/05
  • 免疫力と体温の関係性

    query_builder 2023/07/03

CATEGORY

ARCHIVE