Blog&column
ブログ・コラム

の飲みすぎにより起こる中毒とは?

query_builder 2022/03/15
コラム
23
の飲みすぎにはどのようなリスクがあるのでしょうか。
「無害なのでは」と感じる方もいらっしゃいますよね。
ここではの飲みすぎにより起こる「中毒」について紹介します。

の飲みすぎにより起こる中毒とは?
中毒とは短時間に大量のを飲むと生じる可能性がある症状を言います。
具体的な症状は以下のようなものです。

・頭痛
・嘔吐
・むくみ
・意識障害

は体内に送られたあと腎臓で処理されて体の外に出されます。
しかし腎臓の許容量を超えたを飲んでしまうと、体内の塩分濃度が薄まってしまうのです。
症状が出る量には個人差はあるものの、1時間に1リットル以上のを飲むのは避けましょう。

を飲みすぎるとむくみが起きる?
中毒を起こせばむくみが起きる可能性はあるでしょう。
しかし、むくみの原因は大抵が分不足です。
中毒になるほどを飲んでいないのにむくみが生じているのなら、摂取している塩分に対して分が少ない可能性があります。
むくみが気になっているのなら、まずはの摂取量を見直してみてくださいね。

▼まとめ
あまりにも大量のを短時間で飲むと中毒を引き起こしてしまい危険ですので注意しましょう。
中毒を防ぐなら、1時間に1リットル以上のを飲むのは避ける必要があります。
それほどを飲んでいないのにむくみが生じているのではあれば、不足の可能性を考えてみてください。
健康を考えるなら自分の分摂取量を見直し、適切な量を摂取するよう意識しましょう。

NEW

  • これからブログを配信していきます

    query_builder 2022/01/21
  • 長寿遺伝子とはどのようなもの?

    query_builder 2022/08/01
  • 長寿遺伝子を活性化する方法とは?

    query_builder 2022/07/15
  • 1日に必要な分の量とはどれくらいなの?

    query_builder 2022/07/01
  • の沸点は何度?

    query_builder 2022/06/15

CATEGORY

ARCHIVE